レビューはありません
日本人の自伝45 木村艸太 『魔の宴』

随想家・小説家の木村艸太は、異様な「家庭」に育った。実業家であった父は、正妻のほかに多数の愛人を設け、合計30人もの異母子を産ませたのだ。妾腹の子であった艸太は、やがて異母妹の清子との間に、禁断の愛を育むようになる……。《魔の宴》には、著者自身の精神の苦しみのほか、異母兄弟たちの波瀾の人生も克明に描かれている。また、著者の文壇における多彩な交遊関係も描かれており、文壇裏面史としても読むことができる。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。