レビューはありません
日本人の自伝41 正宗白鳥 『文壇的自叙伝』

正宗白鳥は、岡山県出身の小説家、劇作家、評論家。新聞記者を経て本格的に作家活動に入り、日露戦争後の青年像を描いた小説『何処へ』で自然主義文学に新境地を切り拓く。昭和期は主に評論家として活動し、小林秀夫との間で論争を繰り広げた。正宗白鳥にはいくつかの回想記があるが、《文壇的自叙伝》は文字通り、著者と文壇にまつわる内容を中心にまとめられている。淡々とした筆致で語るなかに、無類の面白味が感じられる稀有な書といえる。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。