日本人の自伝39 長谷川伸 『ある市井の徒』

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

長谷川伸は、横浜出身の大衆小説家・劇作家。幼い頃に母と生き別れになり、家業不振のため少年時代から土方等さまざまな仕事を経験。1922年に発表した『天正殺人鬼』が菊池寛に認められ、以後、次々と話題作を発表する。後進の育成にも尽力し、主宰した勉強会には、池波正太郎や西村京太郎らがいた。《ある市井の徒》は、生き別れた母への思慕の念に貫かれており、また、著者が出会ってきた請負師や遊女たちとのエピソードが生き生きと描かれている。

立ち読み(27ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

長谷川伸は、横浜出身の大衆小説家・劇作家。幼い頃に母と生き別れになり、家業不振のため少年時代から土方等さまざまな仕事を経験。1922年に発表した『天正殺人鬼』が菊池寛に認められ、以後、次々と話題作を発表する。後進の育成にも尽力し、主宰した勉強会には、池波正太郎や西村京太郎らがいた。《ある市井の徒》は、生き別れた母への思慕の念に貫かれており、また、著者が出会ってきた請負師や遊女たちとのエピソードが生き生きと描かれている。

レビューはありません
書籍の詳細

書籍一覧1冊の書籍

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。