レビューはありません
日本人の自伝37 二葉亭四迷 『予が半生の懺悔』

二葉亭四迷は、日本の言文一致運動のさきがけとなった長編小説『浮雲』を発表し、翌年には、ロシアの文豪・ツルゲーネフの『あひびき』『めぐりあひ』等の翻訳を発表して、一躍脚光を浴びた小説家。江戸市ヶ谷の尾張藩上屋敷で生まれた。《予が半生の懺悔》は談話筆記として発表された短編で、著者の思想変遷のスケッチである。『浮雲』の背景をはじめ、小説家・二葉亭四迷のさまざまな面を知るための貴重な資料である。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。