レビューはありません
日本人の自伝34 大川周明 『安楽の門』

大川周明は、戦前の代表的な国家主義者、右翼思想家。山形県出身。北一輝や満川亀太郎らとともに、国家主義運動の結社「猶存社」を結成した。敗戦後にA級戦犯に問われたが、精神異常を理由に免訴となった。《安楽の門》は、「思うがままに道草を食いながら」綴った、波瀾に富んだ著者の全生涯の回想であり、主として自らの宗教的生活の回顧が語られている。著者の内面を克明に記した記録として、興味深い一篇である。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。