レビューはありません
日本人の自伝24 堺利彦 『堺利彦伝』

堺利彦は、日本共産党の初代委員長となるも、後に山川均らに同調して離脱し、数多くの翻訳を通じて社会主義思想の普及啓蒙に努めた人物である。福岡県出身。《堺利彦伝》は、著者が社会主義者になる前までの叙述にとどまっているが、生活の辛酸をなめるなかで既成の権威や権力への反抗心が育っていく過程が描かれており、著者の社会主義者としての資質を考える上で、多くの示唆を与えてくれる一篇である。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。