レビューはありません
日本人の自伝20 大杉栄 『自叙伝』

大杉栄は、香川県出身の労働運動、アナキズム運動の指導者。満38歳で憲兵に虐殺されるまで断続的に発表し続けた《自叙伝》は、生涯を回想するというよりも、強く自己主張する思いで激しい闘争の合間を縫って書かれた。他の社会運動家の自伝とは異なり、内務大臣に金をせびったり、複数の女性との関係を続けたりしたことも正直に告白しており、著者の自由奔放な生き方が描かれているのが特徴である。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。