レビューはありません
日本人の自伝19 高群逸枝 『火の国の女の日記 抄』

高群逸枝は熊本に生まれ、詩人として活動した後に女性史研究に携わり、『母系制の研究』をはじめ数々の著作を発表した。《火の国の女の日記》は、全六部原稿用紙1400枚で著者70年の生涯を綴る大著。前半の三部までを書いたところで本人が死亡したため、後半の三部は夫の橋本憲三の筆によるものだが、前半との違和感はなく、二人の関係性そのままの一体感のある出来栄えとなっている。本書では、第一部と第二部を収録した。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。