レビューはありません
日本人の自伝17 三宅雪嶺 『自伝』

三宅雪嶺は、政教社を興して雑誌『日本人』を創刊し、国粋保存主義を唱えて一時代の思潮を代表した思想家、評論家。加賀国金沢生まれ。旺盛な言論活動のかたわら、東洋哲学を西洋哲学と並ぶものと位置づけ、両者を総合するスケールの大きな独自の哲学を構想した。現実あるいは世俗に対して一線を画そうとする姿勢を持っており、《自伝》には独特の飄逸な風格がある。特に、著者が壮大なライフワークを決意し、その実践について述べた最後の章は精彩を放っている。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。