レビューはありません
日本人の自伝10 内村鑑三 『余はいかにしてキリスト信徒となりしか』『キリスト信徒のなぐさめ』

内村鑑三は、キリスト教思想家。上野国高崎藩士の子として江戸に生まれる。《余はいかにしてキリスト信徒となりしか》は、著者が英文で執筆した“HowIBecameaChristian:OutofMyDiary”の邦訳で、キリスト教に接してから信仰を確固たるものとするまでの10年間が描かれている。《キリスト信徒のなぐさめ》は、教育勅語の礼拝を拒否して職を追われ、さらに妻を失って逆境の極みにあった著者が、信仰によって強く生きようとする決意を示した感動を誘う一篇である。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。