レビューはありません
日本人の自伝8 松山守善 『松山守善自叙伝』

松山守善は、幕末から第二次世界大戦敗戦の直前まで生きた、熊本出身の政治家・自由民権家。晩年は弁護士として活動し、また、キリスト教信者になった。《松山守善自叙伝》は、出生から著者80歳までの歩みと思想の変遷を、いつわらざる心境で語った自伝である。自由民権運動の熾烈な抗争の様子が生々しく描かれるとともに、妻や娘たちに寄せた私情も繊細な筆致で綴られている。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。