レビューはありません
四十九日まで-もりたじゅん名作集-

須藤和彦は、民俗学界の権威・山口教授からの勧めで、その娘・由美子と結婚。男の噂が絶えなかった由美子と比べ、和彦は研究一筋に生きてきた。そんな折、由美子を交通事故で亡くしてしまう。この世に未練があるのか、由美子は霊となって和彦の元に帰ってくる。宅配便業者の男性や栄光社の売れ残ってしまったハイミス・小尾に憑依して、和彦にメッセージを伝えようとするが……。和彦は、生前の由美子との共通の話題だった“オビシャ(御歩射)”に何らかの心残りがあるのでは?と推測し、研究を進める。冷え切った仲だったはずの夫婦と売れ残ってしまったハイミスの恋の行方を描いた表題作の他、牛のように和む馬越課長(ま~さん)と、馬のように励む牛腸主任の恋と仕事を描いた「馬伝説」の2編を収録。ハイミス達の元気な恋を描いた、もりたじゅん名作集!!

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。