ユーザー評価なし レビューを見る
柳生忍法帖 下 山田風太郎忍法帖 (10)
  • 完結

怨敵「会津七本槍」の四人までを討ち果たし、加藤明成に迫る復讐の刃!だが見よ、七本槍衆の総帥、不死身の妖人芦名銅伯の自信に満ちた不敵な笑いを――。慈僧沢庵をともない、敵陣会津に乗りこむ柳生十兵衛と堀一族の七美女。彼らを待つは、驚天動地の地獄の幻法「夢山彦」。妖異壮絶の大対決、最高潮へ!

  • 650(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 7pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧

1~14件/14件 を表示

  • 1
  • 1

書店員のレビュー

一覧を見る

14巻ある山田風太郎忍法帖シリーズの第1作が本書「甲賀忍法帖」で、初出は「面白倶楽部」(光文社)1958年12月号から1959年11月号まで12回にわたる連載。それ以降、忍法帖シリーズは映画化、ビデオ化などで人気シリーズとなっていくのですが、なによりも山田風太郎はこのシリーズで二つのチームによる対決というストーリー展開を初めて小説化して、その後の漫画作品にも大きな影響を与えました。作家の夢枕獏氏は「山田風太郎という作家が漫画界に与えた影響は計り知れない」と評しているほどです。「甲賀忍法帖」は、伊賀と甲賀という宿命の二族の子と娘が生涯をかけた愛を心中に隠して決戦の場に臨んでいくという結末に至るまでの、秘術を尽くした死闘を描く物語です。その戦いの背景には三代将軍の座に誰が就くのかという大命題があり、徳川家康、服部半蔵の思惑があります。シェークスピアの「ロミオとジュリエット」を彷彿とさせる悲恋物語という縦糸に、忍者一族を代表する20人の秘術と死闘という横糸を織りなした、一級のエンタテイメントです。「甲賀忍法帖」を原作とする漫画作品に「バジリスク~甲賀忍法帖」(全5巻)があります。(2010/2/26)
  • 参考になった 2

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。