ユーザー評価なし レビューを見る
ゲームセンターあらし (8)
  • セットポイントUP

帝王ホテル60F、インペリアル・ホールで行われた一兆円のダイヤモンド製テレビゲームへ挑戦。挑戦中、突如催眠ガス弾が撃ち込まれ、何者かにゲーム機を盗まれてしまう。あらしも誘拐されかかるが、危うく難を逃れる。その夜、インベーダーキャップをすり替えられてしまったあらしは、本物のインベーダーキャップを取り戻すため古い洋館に乗り込む。しかし、大文字さとると月影一平太を残し、あらしだけが建物ごと白骨島へ連れ去られてしまう!白骨島は、この計画の主犯・ドクロ大帝の基地だった!?奪われたダイヤモンド製ゲーム機で、ドクロ大帝と戦うあらしだが……。強敵・ドクロ大帝との初対決を描いた「ドクロ大帝の挑戦」のほか、出っ歯が抜ける!?あらし最大のピンチを描いた「絶体絶命、あらし大危機」、作者すがやみつるの好物・あんみつで、主人公の座を手に入れた月影一平太の活躍を描いた「特別編・花の一平太」など5編を収録!!

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧

1~17件/17件 を表示

  • 1
  • 1

書店員のレビュー

最近ではゲーム機ではもちろんのこと、スマートフォンなどでもゲームを楽しむ人が増えているように思います。日進月歩のスピードで日々進化を続けているのだなと実感せずにはいられません。もちろんゲームを楽しむのもいいですが、電子書籍も忘れないでくださいね。ebookJapanではあらゆるジャンルの電子書籍を多数ご用意して皆様のご来店をお待ちしております。
私はアーケードゲームが全盛だったころを経験してはいないのですが、それでも近所の駄菓子屋などの横には必ずと言っていいほどさまざまなゲームが置かれており、多くの人がそれらを楽しんでいる光景を見て育ちました。お金に余裕があるときに少しやってはみるのですが、上手な人のスコアには遠く及びません。上位にいるのはいつも同じ人。どの町にも本作の主人公・石野あらし的な人物がいたのではないでしょうか。ちなみに2013年6月2日まで明治大学米澤嘉博記念図書館で『すがやみつる展 ゲームセンターあらしとホビーマンガ』が開催中です。詳細はWeb Magazine KATANA 62号でも紹介していますので、こちらもどうぞ。
  • 参考になった 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。