レビューはありません
闇狩り師 九十九乱蔵

夢枕獏の代表作の一つ『闇狩り師』。コミカライズに際しての条件は“石川賢さんに描いていただけるなら”だったという。“ぼくは石川さんの描く絵と物語のファンであり、とくに生きている内臓のごときメカニックを描いた時のおどろおどろしさには、たまらないものがある”(「闇狩り師のこと」――『九十九乱蔵』によせてより)。その言葉の通り、石川賢独特の筆致により妖魔封じを稼業とする九十九乱蔵の活躍が巧みに、そして時にユーモアを交えて描かれる。ミスター仙人と呼ばれ中国拳法を体得した“祟(たた)られ屋”九十九乱蔵は、丹波善之助の依頼を受け、悪鬼封じのため別荘を訪れていた。金のためなら人を殺すこともいとわない丹波の悪行を知りながら館を訪れた乱蔵は、そこで下半身から徐々に体が腐っている丹波と、蛟(みずち)の一種・馬黄精(ばおうせい)に取り憑かれた娘の涼子と出会う。はたして乱蔵は丹波家に潜む悪霊と、その謎を解くことができるのだろうか?

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。