レビューはありません
柳生十兵衛死す 信長・秀吉・家康 (4)
  • 完結

宮本武蔵との戦いのさなか、突入してきた甲賀軍艦とともに亜空間に飲み込まれた柳生十兵衛とウマナミ。刻(とき)のはざまで能楽を大成させた世阿弥と出会い、刻を操るコツは自らの意志の力であることを知らされる。忍者・徳川家康を将軍とした忍びが支配する江戸時代がなぜできたのか。徳川家の秘密をあばくことを強く心に誓いながら、十兵衛は家康出生の刻を目指す。さまざまな次元を通過し、辿り着いた刻は永禄元年(1558年)、美濃・三河国境。この地でそれから2年余りの時を過ごしていた十兵衛の元を、「戦(いくさ)をなくすために天下を取る」と豪語する若き日の織田信長が訪れる。そこへ時を同じくして“十兵衛抹殺”に燃える、徳川家光と佐々木小次郎が迫っていた。

  • 400(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 4pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。