平均評価(4.0 レビューを見る
八神くんの家庭の事情 (4)
  • 完結

禁じられた愛に苦しむ八神裕司と四日市先生。八神くんの家庭の周辺にはあぶないヤツばかりが集まり、純真かつ不純な異性交遊をめざしているってワケなのだ。ルール無用の恋愛路線はもつれにもつれて、まだまだ続く!!

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

書店員のレビュー

一覧を見る

可愛く楽しげな感じの表紙の本作、内容はもちろんコメディなのですが設定が変な方向にすごい濃いですこのマンガ。主人公・八神裕司は健全な男子高校生……だったはずなのに、十代の可愛い女の子にしか見えない母・野美を異性として意識しはじめてしまう。また、そんな可愛い母に言い寄ってくるクラスの担任、思い込みが激しいけど可愛い主人公の彼女、主人公の父に不倫願望のある美人OL、母に顔がそっくりな男子高校生などなど様々な要素のキャラが登場し、複雑な人間関係が絡み合って物語が進んでいくのである。などと説明するとドロドロな恋愛ドラマのようですが、このマンガは違う!ドタバタギャグコメディでかなり笑えます。あと男子高校生の微妙な心理描写がいい感じに描かれていて、今読むとちょっと可愛い(笑)。 それにしてもこの作品、人物相関図を描いてみたらすごいことになりそうだなぁ……。
  • 参考になった 0

ユーザーのレビュー

一覧を見る

脱線群像劇のはしり

家族が持ってた本からの感想です。
この方にはこれ以前の作品のほう※のファンなんですが、主流だったスクールホラーから一転のショックで楽しませて戴きました。
(※ウィングス作品やメジャーデビュー当時のサンデー作品もいずれ期待してます)

基本的には尋常ならざる若作りの母(それ以外は至って尋常な常識人)を持つ主人公の悶絶劇なんですが、オカシイのがそこに留まらなくて。
主人公もかなりご都合主義な設定が盛られてて、ソレにも勝るクセを抱えたサブキャラがそこにつけ込みドンドン話を焚き付けていき暴走していきます。

キャラの変なところをドンドン暴走させるというネタでは最近当たり前に出てるモノですが当時ではけっこう初期の作品かと。

始末が悪いのは、そのクセがあるキャラがみんながみんな思惑に惑うことなく一直線で、ドンドン倒錯に。収拾を付けないまま次のステップに踏み続けます。

基本がホラーな作者なので、描画こそコミカルですが台詞回しなどが激しくて、声を出して読むと面白さ倍増です。
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。